横断幕と懸垂幕の違いと用途を具体的に解説します。

これで解決!横断幕関心情報

素材や縫製などは横断幕と懸垂幕は全く同一で、異なる点は「縦横どちらが長いか」だけになります。ただ、用途などは違うので使い分けていきましょう。
これで解決!横断幕関心情報のメイン画像

横断幕と懸垂幕の違いと用途を具体的に解説します。

横断幕はスポーツ観戦などでよく使われていることもあり、多くの人が知っていると思います。

トンネルや橋、マンションの販売などでもよく使われています。

ただ、旗のことを横断幕ではなく「懸垂幕」という言葉で使われていたりします。

ここからは横断幕と懸垂幕の違いや用途について解説していきます。

★横断幕・懸垂幕の意味と用途は?

横断幕は簡単にいうと「横に長い幕」になるのに対して、懸垂幕は「縦に長い幕」になります。

素材や縫製などは横断幕と懸垂幕は全く同一なので、異なる点は「縦横どちらが長いか」だけになります。

懸垂幕の用途としては市役所や百貨店、レストランなどでよく活用されています。

日本語はもともと縦書きなので、日本人にも馴染みやすく訴求がしやすいという点がメリットになります。

★類似している「幕」はたくさんある。

横断幕も懸垂幕を大きく括ると「幕」の一部になります。

幕には「横断幕」「懸垂幕」「記念幕」「日よけ幕」などの様々なものがあり、基本的には素材や縫製は同一になってきます。

使う用途によって名称は変わってくるので、まずはどういった目的で幕を作りたいのか明確にしてから、自分で作成するなり業者に依頼するようにしていくといいでしょう。

横断幕は「掲げるだけでアピール効果があり取り扱いもしやすい」というメリットがあり、懸垂幕は「大きな建物などで使っていくことで宣伝効果が期待できる」というメリットがあります。

これらのメリットを考えながら使っていく幕を検討していきましょう。

◎横断幕でアピール:https://www.chunichi.co.jp/article/132387

Copyright http://www.bronsonarroyo.com/ All Rights Reserved.